読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声楽チャレンジ!童謡唱歌・歌曲・第九・オペラを50の手習い!

豊春から歌心を世界の大空へ響かせる!声楽・アンサンブル、ボイトレ(個人・グループ)なら、豊春春日部の学び屋あんぷらぐどへ!

スポンサーリンク

赤とんぼの歌い方~日本語だけど、音階は向こう(ドイツ)だから!

発声のコツ 日本の歌

日本語だけど、音階は向こう(ドイツなど)!

日本語の母音は「喉で切る」発音だけど、
外国語は喉で切らずつながっている母音。

なので表現するには
外国語のように歌わないと美しく聴こえないとのこと。

 

先生は「舞台語」といいます。

 

 

この続きです(^^♪

seigaku-unplugged.hateblo.jp

 

 

続きを読む

「荒城の月」うんちく 瀧 廉太郎/七五調の歌詞と西洋音楽のメロディが融合

日本の歌 発声のコツ

『荒城の月(こうじょうのつき)』
土井晩翠作詞  瀧 廉太郎作曲

七五調の歌詞(今様形式)と西洋音楽のメロディが融合した名曲。

 

 

あんぷらぐどぬしこと前田です。

「西洋音楽のメロディ」
これがどういうことかは、あんぷらぐどの歌の先生に聞かないとワカリマセン^^

あ、それに、山田耕筰が後から編曲していたのですね~

 


さて、歌ってみましたが、やはり、

息が続かない~~!!!


まだこの歌でのレッスンは受けていませんが、
先生によると、レガートに歌う練習になるとか。


伸びやかに響く、表現豊かに歌いたいものです!

 

続きを読む

【転載】モデリングする歌手を決める!~上手に歌えない原因と対策

発声のコツ

あんぷらぐどぬしこと前田です。

このブログにも書きましたが、

歌う際に大切なことだなと感じたので、こちらにも一部転載します。

hikikatari.club

 

 

続きを読む

声枯れ予防に、のどは大切に丁寧に扱いましょう♪

発声のコツ

あんぷらぐどぬしこと前田です。

 

前田は大学時代バンドのボーカルをやっていました。

 

当時は「ボイトレェ!?必要あるか」

・・・なんて自己流で歌っていましたので、

よく声をつぶしていました。

 

練習など歌をうたっていて「声がれ」するのは
簡単に言えば声帯の酷使です。


難しく言うと、「声帯の振動状態が不自然な形で、
長時間繰り返し歌い続けられた」ときに起こります。

 

医学的に言うと


急性声帯炎
声帯粘膜下出血
声帯の傷・疲れ


で、これが慢性化するとー


・声帯結節(タコ)
・声帯ポリープ
・ポリープ様声帯


など、治療するには時間がかかる状態になってしまいます。


こうなると、声帯がぴたッと閉じなくなってしまい、
息漏れや声量が増さなくなったり、
繊細な歌い方ができないなど、弊害が現れます。

 

・・・ということをこちらのブログで書きました。

 

弾き語りのコツについて書いてあるのですが、

発声理論については声楽の発声法からまとめていますので、

ぜひご覧ください!

 

 

 

◆歌う声枯れの原因は
http://hikikatari.club/2016/04/22/post-319/


のどに負担をかけないで歌うには?
こちらをクリック!
◆発声知識の基礎 初級~上級
http://hikikatari.club/howto/

↓ 内容はこちら

初級

声の出る仕組み
http://hikikatari.club/2016/03/12/post-139/

腹式呼吸と支え
http://hikikatari.club/2016/03/13/post-176/

歌は呼吸が8割!
http://hikikatari.club/2016/03/13/post-165/

発声~歌い声としゃべり声
http://hikikatari.club/2016/02/12/110/

ギター・ピアノ弾き語りで声の出し方の注意点~姿勢
http://hikikatari.club/2016/02/14/post-115/

 

 

中級
発声で高い声を出すには?~地声と裏声
http://hikikatari.club/2016/03/05/post-135/

【共鳴・響き】弾き語りで心地よい「いい声」で歌うには
http://hikikatari.club/2016/03/15/post-180/

弾き語りで芯のある高い声を出すには?
http://hikikatari.club/2016/03/17/post-196/

最大の難所!~「喚声点」で声をひっくり返さないために【声帯と筋肉】
http://hikikatari.club/2016/03/16/post-192/

「音痴」ってどういうこと??
http://hikikatari.club/2016/03/17/post-199/

 

上級
ビブラートは必要?
http://hikikatari.club/2016/03/18/post-202/

歌詞が何を言っているかわからないといわれたら。。。
http://hikikatari.club/2016/03/15/post-189/

歌の盛り上がりに欠ける!?
http://hikikatari.club/2016/03/19/post-219/

家で大声を出さずにできる発声練習
http://hikikatari.club/2016/03/20/post-223/

 

 

 

 

声に関心・悩みがある人へ~元TBSアナウンサーのプロの発声を間近で聴くチャンス!!

お知らせ・ご案内

もしあなたが、発声に何らかの関心、お悩みがあるなら!

ぜひお越しください。

 

元TBSのアナウンサーで、今もTBSアナウンサー・スクールで後進の指導をしている

藤田恒美さんの朗読が聴けます。

「全国こども電話相談室」の電話のお姉さん、

野口五郎さんと「あなたとゴローのラブタイム」、

「歌のない歌謡曲」「早起き倶楽部」など、各種音楽番組の司会や、

報道・情報番組のナレーション、日産自動車、

集英社の専任ナレーション&CM担当。

 

アナウンサーといえば話し方のプロ!

ぜひその「声」を「朗読」という形でご堪能ください。

あなたの発声のヒントになること間違いなし♪

 

今回お読みいただくのはこちら!

 

「『絵のない絵本』(えのないえほん、原題 : Billedbog uden Billeder

デンマークの作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの連作短編集。

屋根裏部屋で暮らす貧しい画家は、夜に訪れる月の語る話によって寂しさを慰められていた。

その話を画家が書きとめたという設定で、33夜にわたる短い物語を収める。

1839年の初版では第20夜までだったが、

再版で31夜まで追加され、1855年の第4版で33夜がそろった。」引用:ウイキペディア

 

アンデルセンといえば、その名や作品名を聞いたことのある人がほとんどでしょう。

絵のない絵本のうち、どの作品を朗読してくれるのか、

楽しみですね~~♪

 

f:id:unpluggednushi:20160413113715j:plain

 

 

では、詳細です!!

 

 

極上!サロン音楽会 

 

朗読とピアノのコンサート

 朗読 藤田恒美      ピアノ 吉川純美
                                     
 H.C.アンデルセン(1805~1875)
 「絵のない絵本」より
                                     
 F.ショパン(1810~1849)
 華麗なる大ワルツ 作品34-1
 エチュード作品25-11「木枯らし」

 F.リスト(1811~1886)
ラ・カンパネラ              ほか

アンデルセンの名作「絵のない絵本」の朗読に
R.シューマン(1810~1856)の音楽を組み合わせてお届けします。

第2部ではショパンとリストのピアノ曲をトークを交えながらお送りします。
ロマン派の音楽と文学の世界をお楽しみ下さい。

 

藤田恒美(朗読)
1966年法政大学社会学部を卒業後、アナウンサーとしてTBSに入社。

「全国こども電話相談室」の電話のお姉さん、

野口五郎さんと「あなたとゴローのラブタイム」、

「歌のない歌謡曲」「早起き倶楽部」など、各種音楽番組の司会や、

報道・情報番組のナレーション、日産自動車、

集英社の専任ナレーション&CM担当。
現在は、朗読ライブをしながらTBSアナウンススクールをはじめ、

各地のシニア朗読グループの講師を務めている。


吉川純美(ピアノ)
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。

大谷洌子氏主宰のオペラグループ『NAOS』の伴奏者として研鑽を積む。

東京文化会館新進音楽家オーディションに合格。

千葉、東京でリサイタルやジョイントコンサートを開く。

また室内楽、声楽のアンサンブルピアニストとしても幅広く活動している。

近年は、「星の王子さま」とショパンの曲を合わせたコンサートや、

詩と古典音楽を組み合わせた<朗読とピアノのコンサート>を開く他、

朗読グループ『凛』の公演で川端康成「掌の小説」の音楽を担当するなど、

朗読との共演も行なっている。


早割!4月末日のご予約:2000円 1drink込
  5月以降:2300円 1drink付

残席20名!


お申し込みはこちらから

 

 

 

スポンサーリンク